人生色々、パズルも色々。愛情があれば上手くいくはず。

先日、病院で隣に座ったおばあさんに、パパは息子さんをとても可愛がっているのでしょうねと言われました。おはようございます、シングルマザーのせんりです。

 

ひとり親ですと答えると、実はうちの息子も・・・と始まり、子どもを連れて出て行ったお嫁さんのこと、有名大学を出たのにお酒に飲まれて現在入院中の息子さんのこと、孫の誕生日にケーキを買ってねとお金を送り、ありがとう写真送りますと返事があって嬉しかったこと、孫に会いたいこと・・・長々と話してくれました。人生色々とは言いますが、せんりの状況とあまりにもオーバーラップしており、あぁ・・・あちらのお母さんもこんな風なのかなと、色々考えさせられました。

 
そして昨日、息子がまた病院に行きたいと泣き出しました。理由を尋ねると、また病院でパズルがしたいと。待ち時間に病院に置いてあったエルモのパズルで遊んだのを思い出したのでしょう。家にあるアンパンマンのパズルにはすっかり飽き、他のパズルがしたいと泣きやみません。そうか、分かった。そんなに他のパズルがしたいのなら、かーちゃんが作ってやる。ちょいと待っておれ、すぐできるからな。
 
ということで、今日は即席パズルの話。
 

パズルを作ろう

用意するもの

  • パソコンまたはスマホ
  • プリンター
  • ハサミ
  • 厚紙またはダンボールまたは箱など厚みのある紙、つまり厚紙
  • 両面テープまたはノリまたはセロテープ
  • おままごとセット

作り方

  1. 息子にスマホを見せて、好きな絵を選んで貰う。埒があかない時は、自分でさっさと決める。トーマスがいい!・・・やっぱりアンパンマン!いやっこれ!じゃなくてこっち!
  2. 息子におままごとセットを渡す。
  3. 選んだ絵を印刷する。
  4. 適当な大きさに切った厚紙に絵を貼り付ける。
  5. 別の厚紙を用意し、パズル全体の形に印をつけて、その四方に厚紙で作った枠を貼る。
  6. 絵を貼った厚紙をパズルの様に切る。
  7. 枠をつけた厚紙にパズルを乗せて1ピースずつ型をとる。

 

f:id:singlesimple:20170223085238j:plain

 
作るのに少し時間はかかるけれど、子どもが病気のときとか雨の日とか、やたら時間たつの遅いでしょ?新聞紙で兜も作ったけどさ、あれって作るの30秒、遊ぶの10秒だからね。逆にこのくらい時間かかった方がいい。
 
欠点。ママ、パズルして〜を延々と繰り返される。いや、ママも暇だからするけどさ、自分でやらないの?いやっママがして!あ〜そう?ダメっいっぺんじゃない!いっこずつ!ぼくがわたす!え〜・・・
 

f:id:singlesimple:20170223091046j:plain

 雑だな・・・

 

歪なパズルではあるけれど、母の大きな愛を感じたのか、一日中、そして今朝も、トーマスのパズルに熱中の息子。素直にすくすくと育って欲しいものです。