読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

センリのみち

年収1000 万を目指すシングルマザーの記録〜専業主婦で離婚、4月から働きます!

無印ではじめる2人暮らし。

スポンサーリンク

入園式も終わり、慣らし保育真っ最中です。どうも、せんりです。息子は初日から、きれいな先生に抱っこされてニヤニヤしておりました。保育園を満喫しているようで、一安心です。

 

さて、新生活。家具家電の大半を無印で揃えました。装飾はシンプル、機能は必要最小限。これこそミニマリズム。

 

せんり家にある無印は大きく分けて7つ。ひとつずつ紹介しよう。

 

f:id:singlesimple:20170404204626j:plain

 

まずは冷蔵庫。157Lの2つ扉タイプ。なんか、しゅっとしてます。取っ手もおしゃれ。容量で悩んだけれど、2人なら157Lが最適。これより小さいタイプは冷凍庫が小さすぎるかな。157であれば、食材の冷凍から常備菜、調味料もすっきり入る。

 

 

f:id:singlesimple:20170404204702j:plain

 

冷蔵庫の上にはオーブンレンジ。電子レンジとトースターが必要なら、オーブンレンジでいいんじゃないかと。パンを焼くときは、ターンテーブルを取って金網?に直接パンをのせる。2枚並べるとパンがつっかえてクルクル回らなくなるから、中央で若干重ねて。冷凍パンを焼くと下側が水分で柔らかくなるから、頃合いをみて裏返す。これでサクサクなトーストの出来上がり。なんか写真ぶれてるまあいいか

 

さてさて。せんりはパンが大好物ですが、お米もすきです。白ごはんだけで食べられます。ということで、無印3つ目は炊飯器。せんりと2歳の息子だけだから、3合で充分。3合炊いて、だいたい4食分。冷凍保存でレンジでチンしてます。写真取り忘れた

 

f:id:singlesimple:20170404204742j:plain

 

そして洗濯機。離婚前はドラム式を使っていたけれど、洗剤はこっちから入れて、洗濯で出たゴミはあっちから取って、乾燥で出たゴミは向こう側を開けて取って…いや〜、めんどう!その点、昔ながらの縦型はフタを開けて洗剤放り込んで、洗濯終わったら洗濯物と一緒にゴミもササッと取れる。ラクだわー。機能が沢山あっても使わないしね。常に「おいそぎ」で洗ってます。

 

さて。せんりが新生活を初めていちばん困ったこと。それは肌や髪の極度な乾燥。気候なのか水なのかストレスなのか、肌はカッサカサ、髪はゴワゴワ。それがさらにストレスになって、負のスパイラルに。

 

肌はシアバターでもちなおしたけれど、髪はどうしよう。悩んだあげく、購入したのがこちら。

 

f:id:singlesimple:20170404204807j:plain

 

そう、ドライヤー。今まで使ってなかったから、ほんとは買う予定なかったんだけどね。ちゃんとケアしないと、これは取り返しがつかなくなると思った次第です。結果、髪の毛は柔らかくサラサラになりました。ありがとう。

 

このドライヤー、温風が大して暖かくない。これなかなか乾かなそうと思ったけれど、それが逆に髪にとって良かったのか何なのか。

 

全身鏡。身だしなみはちゃんとチェックしよう。

 

えっ、あのひと子供いるのぉ?は??シングルマザー?まじぃ、みえなーい!と、学生に噂されるのが目標。あ〜…やっぱりね…なんか疲れてそうだよね。とは思われたくない、せんりの意地。今現在は、やっぱりね〜の見た目です。疲れ果ててます。

 

f:id:singlesimple:20170404204842j:plain

 

ローテーブル。せんりと息子の団欒を支える優れもの。息子でもスルスルと動かせる軽さにパイン材の温もり。汚れもサッと一拭き、常にさらさら。実は学部生時代にも使っていたパイン材ローテーブル。2代目です。末長くよろしく。

 

他にも細かな無印グッズはあるけれど、大きなものはこれくらいかな。せんり家の毎日は無印に支えられております。ミニマムな機能に統一感ある見た目。せんりが求めるものを過不足なく与えてくれる安心感。なんだか無印へのラブレターみたいになってきたところで、おしまい。