シングルマザーの待機児童問題は深刻。

大変ご無沙汰しております。せんりです。

 

シングルマザーになり、実家から遠く離れた東京で息子と2人で暮らし始めて、9ヶ月が過ぎました。ただただ、必死に生きてきた9ヶ月でした。ようやく、一区切りついたので、久しぶりにブログ更新です。

待機児童〜せんり家の場合

f:id:singlesimple:20171208122048j:plain

 

息子は4月から認可外保育園に通っています。待機児童です。シングルマザーとはいえ、確実に認可に入れるわけではない現状。しかも私の場合は引っ越し前の申し込みだったので、難しかったのかもしれません。

 

保育料は月6万。市からの補助が3万。途中からは時間を延ばして月6万5千円。補助は変わらず3万。一番近くの認可外でもバスに乗らないと行けない距離で、交通費に月1万以上。これには保育園から職場までの交通費も入っています。

 

自宅周辺の認可に入れれば、これらは一切かからない費用です。自宅から職場も徒歩圏内です。毎月5万近い出費。貧困シングルマザーにはとても辛い状況です。

なかなか出ない空き情報

そのうち転勤なり何なりで空きがでるだろうと考えていました。早くて5月、遅くても9月くらいには・・・。

 

そして引っ越し後のせんり家の点数は、ほぼトップに近いだろうと推測し、すぐにでも認可に移れるだろうと。

 

甘かったです。まったく空きは出ません。たまにポツポツ出る空きも、市の過疎地域ではるか遠い場所。あるいは、別の年齢。第10希望まで出してますが、そのいずれも空きが出ることはありませんでした。一度たりとも。

  

11月までは。

奇跡が起きた日

毎月始めに、市のホームページで認可保育園の空き情報が更新されます。毎月確認しては、ため息をつく。全くの諦めモードに入っていました。 

 

ところが11月。第8希望に挙げている保育園の2才児クラスの欄が「1」となっているではありませんか。この日をせんりは長らく待っていたのです。空きさえ出さえすれば、絶対入れる自信はありました。それもまた悲しいことですけどね。 

 

認可に入りさえすれば、せんり家の生活は向上することは目に見えています。毎日のおかずが一品増えるのです。息子の学費のための貯金も増やせます。たまにちょっと贅沢して、レストランに行ったりもできるのです。

 

そして先日、普段は鳴ることのない携帯が鳴り・・・。第8希望で申請していた認可保育園からの電話でした。12月から、認可保育園に通えることになりました。  

 

f:id:singlesimple:20171208122246j:plain

少しずつ生活を改善していく

おそらく、来年度の4月にも入所はできたと思います。でも2月の結果発表まで、「認可に入れなかったらどうしよう、他の認可外も探さなきゃ、認可外も入れなかったらどうしよう、幼稚園は費用が高すぎる・・・」と悩みは尽きなかったでしょう。今通っている認可外は2才児まででしたから。

 

このタイミングで認可に入れて、ほっとしています。ですが、今回入れた認可は第8希望なんです。とても遠いんです。バスも通っていません。そのうち私の心がポキッと折れてしまうかもしれません。

 

ただでさえ大変なんだから、改善できるところは変えていきたい。

 

だから、自宅近くの認可と自宅と職場の間にある認可。この2つだけに転園の申請をしました。次は3才児クラスなので、4月には移れるかもしれません。おそくても4才までには。

 

自宅か職場のそばの保育園であれば、すぐに駆けつけることもできます。災害時でもいつでも徒歩で迎えにいける。息子には私しかいない状況で、この「近さ」というのはとても重要だと思います。

 

いま苦しいシングルマザーへ

諦めないでください。毎日頑張っていれば、少しずつ、ほんとに少しずつですが、楽になっていきます。毎日頑張っていれば、たまには良いことあります。

 

1人じゃ辛いイヤイヤ期も必ず乗り越えられる。少し大きくなれば、認可保育園も入りやすくなる。頑張ってさえいれば、仕事も評価されて収入も増える。

 

私もまだまだ貧困シングルマザーですが、悲観はしていません。だって、今が一番どん底にいるんです。これからはどんどん良くなる。何もかも。そう思って毎日頑張ってます。