認可外も厳しい? 1次募集で認可保育園に落ちた場合。

2017.12.13更新

 

こんにちは、せんりです。2017年ももうすぐ終わり。秋に申請した認可保育園の結果が分かる時期が、ひたひたと近づいてきています。2月になると緊張感はMAX! みんな受かれば良いのに、と毎回思います。

 

しかし残念なことに、認可に入れるのは一部の人だけです。そのため、よほど自信がある方以外は、落ちたときのことも考えておかなくてはなりません。

認可に落ちたらすること

f:id:singlesimple:20171213092019j:plain

 

認可に落ちた場合の対応として、以下の5点が考えられます。

 

1.申請済みの認可外に電話

2.2次募集に全てを賭ける

3.5月以降の入園を夢見る

4.職場に子供を連れて行く

5.実家に舞い戻る

 

どうでしょう。4は限りなく迷惑ですね。5だと、せっかく一人で頑張ろうと決めた自立への道が遠のいていきます。となると、もう選択肢はありません。1・2・3の合わせ技です。正攻法です。

認可外保育園の現状

東京の激戦区では、認可外に入るのも簡単ではありません。当たり前ですが、在園児が最優先です。在園児の兄弟が次に優先されます。そして、単願。その認可外だけを希望し、認可には申請していないご家庭が優先です。

 

認可外もそれぞれ特徴があって、「ぜひ、ここに入れたい!」というご家庭や、「家や職場の近くだからここがいい!」というご家庭もあります。確実に保育園に入れたいのであれば、最初から認可外で単願で申し込む、という手もあります。

 

そして最後に、新規併願です。「認可に落ちたら入れてください」というご家庭です。しかし、残念ながら新規併願で入れるご家庭はごく僅かです。在園児やその兄弟、単願で空きがなくなる認可外も少なくありません。私が申請しようとした時に、「新規併願だとまず無理だ」と断った認可外すらありました。

2次募集では入れるの?

ほとんど入れません。

 

2月に認可に確定したものの、急な転勤や、兄弟と違う園は厳しいと辞退するご家庭もあるようですが、ごく僅かです。

 

ちなみに、1次募集で申請して落ちたご家庭は自動的に2次でも審査されます。新たに申請し直す必要はありません。

年度途中なら入れるかも?

5月以降も誰かが退園すると入れる場合もありますが、上位、それも1位で待機していないと非常に厳しい状況です。

 

年度途中も新たに申請する必要はありませんが、点数が増える変更点があれば、追加で書類を提出するべきです。例えば、4月から実際に認可外に通い始めたとなると、数ヶ月後には認可外加点が貰えます。勤務時間を増やした等も同様です。待機中もどうにかして点数を上げていくことが大切です。 

 

以前、実家に住んでいたときは、幸運にも認可に転園することができました。その時は保育士さんが2人ほど増えたため、6〜7人まとめて認可に転園したようです。しかし、こういったことは本当に稀です。現に、引っ越し先では希望園として10園を挙げていましたが、12月までに1つも空きは出ませんでした。

 

1次募集で認可に入れなければ、もう認可は諦めたほうがいいかもしれません。

 

認可外の月額はやはり高い

4月から通う認可外保育園は、9時間預けて6万円、12時間であれば7万という料金設定です。認可外保育園の平均的な価格でしょうか。貧困シングルマザー家庭にとっては、とても痛い出費です。お給料の大半がなくなります。

 

実際に6万も払えるのでしょうか。私の毎月の収入は10万円。家賃が7.6万円、保育料6.5万円です。この時点で詰んでます。

 

シングルマザーとして貰える手当は、児童手当15000円・児童育成手当13500円・児童扶養手当およそ42000円の3つです。手当ては全て偶数月に支給されますが、とりあえず平均すると、手当てを含めた月の収入は177000円になります。

 

さらに養育費として5万円を毎月貰っています。手当と養育費を含めれば、何とか生きて行けそうです。

市から補助はあるの?

そして嬉しいことに、補助を出してくれる市が多いようです。もちろん所得制限はあります。今まで2つの認可外保育園に通いましたが、2つの市で対応は異なりました。B市はちょうど変更された時期だったので、変更前と変更後を載せておきます。

 

A市 認可外保育園での月額を6万円、認可保育園に入れた場合の月額を2万円とすると、差額4万円のうち半分の2万円を補助。

 

B市(変更前)所得制限内であれば、一律1万円の補助。

  (変更後)1万円から3万円の補助。所得によって額が変動する。

 

全額ではなく数万円でも補助が貰えれば、かなり助かります。例えば、せんり家の食費は月に1万5千円ほど。2万円もあれば、1ヶ月分の食費にあてられますよね。

 

A市では実家に居候しており、世帯年収の関係で認可外より認可の方が月額が高かったため、残念ながら補助は受けられませんでした。実家に身を寄せているシングルマザーは要注意です。(ちなみにA市では、児童扶養手当や医療補助も当然ながら貰えませんでした) 

まとめ

どうしても認可に入れたいというご家庭は、生まれる前から保活を始めるようです。0歳児クラスが一番募集人数が多いですからね。激戦区の中でも2歳児クラスの倍率が高い傾向にあります。

 

私は引っ越し先で2歳児クラスに申請したのですが、そのとき0歳児が1.5倍、1歳児がおよそ2倍だったのに対して、2歳児はおよそ2.8倍だったようです。募集人数150名のところに、400名の応募です。

 

フルタイム共働き+兄弟加点+認可外加点。ここまで点数が高ければ入れるでしょう。逆を言えば、「パートに枠はない」ということです。自分が何点なのか、みなさん把握していると思います。甘く考えず、現実を見て行動に移したほうがいいかもしれません。